ホットヨガのメリットデメリット

こんにちはMIKAです。

ホットヨガは通常のヨガと違う環境で行います。その為、通常のヨガとは違ったメリットデメリットがあります。

大きなメリットは、一つ目は冷え性の改善や肩こりの改善です。

ホットヨガは身体を急激に動かしたりはせず、じっくり動かしていくのでが、カロリー消費は大きいんです。

一見すると運動量は対した事はないように見えますけど、無理せずに身体をほぐしてくれるのでこわばった筋肉がじんわりと伸ばされます。そうすると、血液の循環が良くなって冷え性の改善になります。

二つ目のメリットは、月経不順や便秘の解消になります。

月経はストレスによって不順になってしまったりしますし、便秘も同じようにストレスで起こってしまったりしますよね。

それらは元をたどると身体の冷えが原因である事が多いんです。

その為、冷え性を改善する事が月経や便秘の解消に繋がるんです。

ホットヨガは身体を温める為、冷え性を解消させながらこれらも解消させる事ができるんです。

ホットヨガに通うとわかるんですが、汗が大量に出ます。その為、毛穴に詰まった汚れが汗と一緒に外に流れてくれるんです。

そうする事で毛穴の黒ずんだ汚れが落ちて透明感のある肌になる事ができます。

ただ、デメリットもあって、まずホットヨガの先生になるのに資格が必要がないって事です。

つまりはちょっと経験しただけでインストラクターになってしまうような人がいるので、レベルがバラバラであるという事です。

ただ、LAVAに関しては厳しい試験があるみたいなので、そこは安心できるかと思います。通う時はインストラクターのレベルをしっかりと見ておくようした方が良いでしょうね。

次に大量に汗をかく為、水分補給が十分ではないと脱水症状になってしまう可能性があります。

レッスンを受けるのは全然良いのですが、その代わり、10分や15分おきくらいに水分をしっかりととるようにしないといけません。

普段よりも水分をとる回数が増えるので慣れないうちは「まだ大丈夫!」ってなってしまいやすいので、やりすぎくらいに飲む方が良いかもしれないですね!

ホットヨガスタジオといえばこの3つ

こんにちはMIKAです!今日はホットヨガスタジオについてお話しますね。

ホットヨガスタジオって沢山できたので、ヨガ初心者の方はどこを選んだらいいかわからないですよね。私はホットヨガ歴3年で3つのヨガスタジオに行ってきました。今どこに行ってるのかは内緒です(笑)

まず、定番の3スタジオがあります。

それは「ラバ」、「ロイブ」、「カルド」です。ホットヨガスタジオに通っている方のほとんどがこのどれかだと思いますよ。それぞれ特徴を紹介しますね。

ラバ
レッスンの種類が豊富で体験レッスンでは「ハタヨガビギナー、ヨガベーシック、リラックスヨガ」の中から選べます!
キャンペーンもお得で入会手数料が0円はもちろんのこと、最初の3ヶ月間3100円で全店舗通い放題(最大79%OFF)なんてのもあります。

ロイブ
背中美人ヨガやセルトル美脚ヨガといったユニークなコースが多いです。
体験レッスンは60分で500円という驚きの価格なので気軽に試すことができますね。

カルド
加湿器に銀イオンを混ぜた『銀イオンスチーム』を使って部屋を温めています。銀イオンの効果で空間が清潔に保たれてるので、よりリラックス効果が得られますよ。
体験は980円で受けることができます。タオルもヨガウェアもレンタルできるので手ぶらでフラっと体験できますよ。

どれも共通しているのは、ヨガインストラクターさんが親切だという口コミが多い点です。それは私自身も感じてますよー!美しい体を手に入れるだけでなく、楽しい時間を過ごしたいですもんね。

今回は簡単に特徴を紹介しましたが、自宅から通える距離かどうかなど重要な決め手になると思います。ぜひ色々調べてみてください。

ホットヨガとは?

こんにちは、ホットヨガブロガーのMIKAです!

私はホットヨガ歴3年です。ホットヨガの素晴らしさを広めたくてブログを始めました。ホットヨガに興味ある方はチェックしてみてくださいね!

まずはホットヨガとはどういうものかというと、室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガのことをいいます。なぜこの温度かというと、高温多湿で行うため肉体への負荷が大きく、汗をかくことなどから、新陳代謝の改善やストレス解消に効果があるからです。常温で行う普通のヨガより筋肉の伸びが良いという効果もあるんですよ。

あとは、室温39度前後、湿度60%前後でやることで、ゆったりとした動きでもすぐに体温が上昇し、ヨガによる有酸素運動の効果を高めます。ホットヨガは驚くほど大量の汗をかくので冷え性改善やデトックス効果もあるんですよ。

実は、ホットヨガ発祥の地は日本なんですよ。1970年頃にインド人ヨガインストラクターのビクラム・チョードリーさんが来日して東京でヨガ教室を開催したのですが、あまりの寒さにストーブを使って室温を高く設定しレッスンを行ったそうです。そうしたところ、身体が暖かくなったことで筋肉や関節がほぐれて、ポーズをとりやすくなることに気づいたのです。これが、ホットヨガの起源であると言われています。

今では世界中にホットヨガが広がっていますが、発祥は日本だったとは誇らしいですね!