ホットヨガとは?

こんにちは、ホットヨガブロガーのMIKAです!

私はホットヨガ歴3年です。ホットヨガの素晴らしさを広めたくてブログを始めました。ホットヨガに興味ある方はチェックしてみてくださいね!

まずはホットヨガとはどういうものかというと、室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガのことをいいます。なぜこの温度かというと、高温多湿で行うため肉体への負荷が大きく、汗をかくことなどから、新陳代謝の改善やストレス解消に効果があるからです。常温で行う普通のヨガより筋肉の伸びが良いという効果もあるんですよ。

あとは、室温39度前後、湿度60%前後でやることで、ゆったりとした動きでもすぐに体温が上昇し、ヨガによる有酸素運動の効果を高めます。ホットヨガは驚くほど大量の汗をかくので冷え性改善やデトックス効果もあるんですよ。

実は、ホットヨガ発祥の地は日本なんですよ。1970年頃にインド人ヨガインストラクターのビクラム・チョードリーさんが来日して東京でヨガ教室を開催したのですが、あまりの寒さにストーブを使って室温を高く設定しレッスンを行ったそうです。そうしたところ、身体が暖かくなったことで筋肉や関節がほぐれて、ポーズをとりやすくなることに気づいたのです。これが、ホットヨガの起源であると言われています。

今では世界中にホットヨガが広がっていますが、発祥は日本だったとは誇らしいですね!